MENU

使い方

お問い合わせ

「たむらしごと。」の使い方

サイトのご利用方法をご覧いただけます。

検索する

気になる仕事や働き方、イベント等を見つけます。

問い合わせる

本サイト内の「お問い合わせ」よりご連絡ください。後ほどワンストップセンターよりご連絡いたします。

マッチング

お問い合わせ内容に応じてマッチングのお手伝いをいたします。

SEOライティング初心者のための4つの基本

コラム

2020.01.09

SEOライティングって何のこと?

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化 」という意味の言葉です。その中でもSEOライティングとは、ウェブサイトや記事を検索結果で上位に表示させるために求められるライティングスキルを指します。
今回は自身もライターの仕事を始めたばかりの筆者が、ライター初心者が知るべきSEOライティング「はじめの一歩」として、4つの手法をご紹介します。

SEOライティングの手法1:Googleの理念を理解する

SEOライティングをスタートするときにまず理解したいのは、Googleの理念です。Googleはご存じの通り世界で圧倒的なシェアを誇る検索エンジンであり、「ユーザーに焦点を絞れば、他はみな後からついてくる」と、検索ユーザーの利便性を最重視する姿勢を掲げています。 つまり、ユーザーにとって「役立つ記事」を書くことがSEOライティングで欠かせないというのがGoogleの見解。 世界最大の検索エンジンの理念を理解することで、どのような記事を書けば良いか、そのヒントを得られます。

SEOライティングの手法2:オリジナルの良質な情報で勝負する

検索ユーザーにとって「役立つ記事」を書くためには、まず記事の内容が良質であることが重要です。良質な情報の条件として挙げられるのは以下の点。

・ 他の記事にはないオリジナル性がある
・ 信頼できる専門家が根拠を示している
・ 情報量が検索ユーザーにとってちょうど良い
・ 内容が興味深い
・ テーマの全体像が分かる
・ 深い洞察に富んでいる
Googleウェブマスター向け公式ブログより抜粋)

ライターとして情報収集は、あなたの強みを生かしたオリジナルの情報信頼できる情報を得ることを意識して行いましょう。もしまだ自分の強みが見つからない場合には、経験を積みながら得意分野をつくっていくことも大切です。自身の経験や体験を生かした独自の視点を持つことで、他とは違った価値を持つ記事が書けるようになりますよ。

SEOライティングの手法3:読みやすい文章執筆のスキルを磨く

「読みやすい文章」を書くというのも、SEOライティングで必要なスキルです。
誤字・脱字や文法の誤りがあると、記事の内容に関わらず信頼性が低い記事とみなされる恐れがあります。
また、1つの文が長過ぎたり、「これ」などの代名詞ばかりの読みづらい文章はユーザーだけでなくGoogleのプログラム「クローラー」にとっても理解しにくく、適切に評価されません。
ユーザーと検索エンジンどちらにとっても読みやすい記事を執筆するためには、以下のポイントが重要となります。

・ 1つの記事につき1つのテーマに絞る
・ 段落や小見出しを使い文章を整理する
・ 誤字・脱字をなくす
・ 正しい文法を使う
・ 同じ言葉や代名詞を使い過ぎない
・ 1文を短くシンプルにする
(参考元:GoogleSearch Console検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

検索ユーザーにとって読みやすく、検索エンジンにも適切に評価される記事を執筆することがSEOライティングのコツと言えます。

SEOライティングの手法4:検索上位のライバル記事を研究する

読みやすく良質な情報なのに検索上位に表示されないという場合、実際の検索上位のライバル記事を研究することをおすすめします。
自分の記事に盛り込んだキーワードで検索を行い、上位に表示された記事を読んでみましょう。比較することで、「この部分の情報が足りないな」「タイトルをもっと目立つように変えよう」などアイデアが浮かび、記事をより良いものにできます。
あまりにもライバルが多いキーワードを選んでいた場合には、そのキーワードに関連する別のキーワードをいくつか加えることも上位を目指す有効な方法の一つです。ライバルが少なくなり、あなたの記事を本当に求めているユーザーへ情報を届けやすくなります。
どんなキーワードを加えるか迷ってしまう場合には、「候補キーワード」を手がかりにできます。「候補キーワード」とは、Googleの検索窓にキーワードを入れた際に表示される言葉のこと。検索数が多い順に表示されるため、ユーザーがどのような情報を求めているのかを知りたいときに役立つ機能です。
常にアンテナを高くし、より評価される記事を作成ために何ができるか見つけられるようにしておきましょう。

まとめ

今回は初心者のライターの「はじめの一歩」として、SEOライティングの基本手法を4つご紹介しました。SEOライティングに裏ワザはなく、検索ユーザーが満足するような役立つ記事を作るための地道な努力が必要です。
しかしそれは「コツコツと頑張った人が上位表示される」ということでもあります。研究を重ね、スキルを磨くことで“読まれる”記事を届けていきたいですね。


ライター:川口裕子